看守の槍

<看守の槍>

一般に兵士が持っていた槍とは違い、武器と鎧で見を固めた敵を相手に戦うための槍ではない。
全裸か半裸で、武器などもっていない囚人を統制するために用いる槍である。
木製の柄の先に、フォークのように湾曲した穂先のつけられていて、服や肉に引っかけるようにして使用する。

その「看守の槍」の中で、柄の長さが2メートル以上ある槍の穂先が上部の開いた大きな輪になっていて、その開口部にV字形の「弁」が付いている物を特別に「首つかみ」と呼んだ。

トップ・ページへ
選択画面へ戻る
前へ戻る
次へ
看守の槍

看守は、この内側に刺がついた輪付きの槍で、受刑者を威嚇するだけではなく、動きを止めることができた。
また離れたところから、受刑者を抑え込み、望む方向へコントロールすることができた。

「看守の槍」(首つかみ)は、今日もなお様々な刑務所で使われている。
また、暴徒鎮圧用に警察が用いることも多い。
なお、現代のものには、電流が流れるようになっているものもある。

トップ・ページへ

選択画面へ

戻る

次へ

看守の槍

通販で販売したら売れるかも、高枝切狭とセットでどうかな?(笑)