ギロチン

<ギロチン>
死刑といえばギロチン。(正式名称は「正義の柱」)

最初の発想は処刑される物に対する思いやりから出発した。
ギロチンの生みの親となるギョタンの母は臨月のある日、広場で行われていた車裂き刑の光景にショックを受け、彼を早産した。
その体験が彼の行動の原点になっているといわれている。

1789年12月1日(フランス革命の年)ギョタンは断頭台に関する法案を提出した。
「犯罪者は斬首される。斬首は単なる機械の操作によって行われる。」
これにギロチンを用いることで、「うなじにかかるさわやかな風のような刺激だけで、苦しめる時間を与えず首をとばす」愛情に満ちた(笑)処刑が実現することになる。
一見どの処刑法も苦しみに変わりがないように思えるが、他の処刑法(火あぶり、四つ裂き、車裂き)より斬首刑のほうが苦しむ時間がはるかに短く済むのである。
さらに当時、貴族には斬首によって処刑される特権があった。
(平民は絞首刑、車裂き刑、火刑であった。)
と言うことで、革命により処刑の苦しみも平等化されたわけである。(爆笑)

ともあれ、ギョタンの意見が政府に採用され、外科医学アカデミーのアントワーズ・ルイの設計により、ギロチンが誕生した。
「ジレット」(受刑者の首の上に梁をたて、ひものついた刃を梁の上まで上げ、落とす。)に比べ、刃の形が水平から斜めになり、柱の高さが4.54メートルに伸ばされ、刃を滑らす溝は鋳銅製になり、受刑者の首押さえが完全なものになった。
(建材は樫木、12段の階段つき)

トップ・ページへ
選択画面へ戻る
前へ戻る
次へ
ギロチン

こうして完成した新処刑機は、誰言うともなく、ギョタン→ギロチンと呼ばれるようになった。

ギロチンは、1794年6月10日から7月27日までのロベスピエールの恐怖政治の間、ほぼ1分に1人の割合で首をはね続けた(約2600人)殺人マシーンとして名をとどろかせている。
なお、オリジナルのギロチンは1台も残ってない。(現在あるのは残骸を元に復元されたものだけ)
さすがのフランス人も良心の呵責を感じたのか、すべて分解撤去されたそうである。

トップ・ページへ

選択画面へ

戻る

次へ

ギロチン

ところで、この一瞬にして断頭できるギロチン、犠牲者はクビをはねられても数秒間意識があるそうだ。
今、自分が胴体から切り離され、回転してかごに落ちていく様をはっきり認識しているのだろう。
医学的にも証明されている事で、はねられたクビに向かって名前を呼んだら目がそちらを向いて、もう1度呼んだら瞬きをして、再びそちらを向いたそうだ。
…1度やってみたいですか?(^^ゞ

おまけとして、簡単なギロチン年表(笑)
1792年4月25日、ギロチンが史上初めて使用された。(強盗殺人犯)
1792年8月21日政治犯にはじめて使用、同8月23日ギロチンの広場への常設決定、
1793年1月21日ルイ16世斬首、1793年10月16日マリー・アントワネット斬首、
1794年7月28日ロベスピエール斬首、1851年監獄の前にギロチンを常設、
1939年処刑の公開禁止、1981年ギロチンによる処刑禁止。
ひー、20年前まで使ってるよ、フランス人。