ユダの揺籃

<ユダの揺籃>

この拷問は、中世から今日まで大体同じ手順で行われている。
この器具の使用目的は、受刑者を殺傷することではなく、「眠らせない」で拷問を行うことにある。

受刑者は滑車などで吊り上げられ、「ユダの揺籃」の円錐(三角錐の場合もあり)の上端に下される。
このとき円錐の上端を、肛門、膣、陰嚢の下、尾てい骨の下、などに当てがうので、受刑者の体重で、それらの箇所に圧力がかかることになる。

さらに受刑者は、無圧力状態の浮いた状態から、全体重分の圧力が加わる状態まで、体勢が変えられるように、腰に巻いた金属製のベルトに掛けたロープ(鎖)で吊るされた。

トップ・ページへ
選択画面へ戻る
前へ戻る
次へ
ユダの揺籃

受刑者はこの状態で(足に重りを付けられる場合あり)揺さぶられたり、吊りあげては円錐の上に落される、というようなことを何度も繰り返されることになる。
刑吏は、殺すことが目的ではないので、吊るす高さを慎重に調整しなければならない。
(受刑者が死に至るようなことがあれば、刑吏が処罰されることになる)

正式な「ユダの揺籃」使用時の吊るし方は、今回の絵のような吊るし方ではなく、
1、犠牲者の両手を後手に縛る。
2、犠牲者の腰に巻かれた金属製のベルトに掛けられたロープにより、天井から吊るす。
3、さらに別のロープをベルトに掛け(2本から4本)、ロープが体に対して垂直に、地面に対して水平になるように固定する。
4、両足は肩幅に開いて、1本の棒で固定される。
5、両足はロープで前方に引張り、犠牲者の体が「L」の形にになるように固定される。
という、犠牲者の姿勢を完全にコントロールできる状態で吊るされた。

「ユダの揺籃」という名前は、ドイツ、イタリアで使われていたが、フランスでは「不眠」と呼ばれていた。
この器具の上に吊るされた受刑者は、常に筋肉を緊張させてないと命にかかわる(傷が深まる)ので、刑吏が監視していなくても眠ることができなくなる、そこから「不眠」という名前で呼ばれていたようだ。

なお、この器具を発明したのは、「イッポリート・マルシーリ」という人物だといわれている。

トップ・ページへ

選択画面へ

戻る

次へ

ユダの揺籃

もちろん、今回の絵のような形で吊るされることもあったようですが、これだとかなり受刑者が危険なので、
この場合は「不眠」が目的ではなく、受刑者の体を破壊(処刑)することが目的の場合だったようです。