猫鞭

<猫鞭>

麻縄を数十本から百本程度を束にし、先に星型を取り付けた鞭。
この鞭は、一見して与える苦痛が少ないように思われるが、特別な用途があった、皮剥ぎである。

この鞭を「塩」と「硫黄」を溶かした水に浸してから、受刑者の背中や腹を打ち据える。
繊維の硬い麻縄を使っていること、塩と硫黄で肌がただれること、そして縄の一つ一つに鉄の「星型」が付いている事、この3つの相乗効果で、受刑者の皮と肉はたちまちに崩れ、肺、腎臓、肝臓、腸が剥き出しになる。

トップ・ページへ
選択画面へ戻る
前へ戻る
次へ
猫鞭

しかも、皮剥ぎを行っている間中、煮え立った塩と硫黄の液体で、傷口を洗い続ける。
この状態でさらに鞭打ちを続ければ、内蔵が破裂し、死に至る事は言うまでもない。

九尾の猫鞭と名称がよく似ているが、こちらは主に皮を剥ぎ取ることを目的として使用される。
九尾の猫鞭に比べるとサイズが小さい。

トップ・ページへ

選択画面へ

戻る

次へ

猫鞭

…この拷問って、(拷問か?)鞭を使うほうもかなり危険な気がします。
全身防護服を身につける必要があるのでは?(^_^;)
現代に素人が行う場合は、(鞭自体は簡単に作れるの)塩、タバスコ、醤油などを使ってはどうでしょう。
猫鞭の傷口に塩水だけで十分死にそうな気がします。(汗)