棘付き首枷

<棘付き首枷>

首枷の一種で、首枷自体の重さが5キロ以上あり、死刑の刑具として使われることも在る。
ヨーロッパ全域で、1500年〜1800年ぐらいにかけて使用された。
鉄製の首枷の内外両側に、たくさんの棘が付いていて、きっちりと首にはまる形をしており、(鎖はついているものとないものがある)首に着けるだけで棘による傷を負わせることができた。

トップ・ページへ
選択画面へ戻る
前へ戻る
次へ
棘付き首枷

首への締り具合は段階的に調節できるようになっているものもあり、首に着けられたときに、できる傷は囚人が動けば動くほど増えていくことになり、暴れる囚人をコントロールする場合にも使用できる。

とはいえ、動かなくても首につけられた傷は、時間の経過とともに治療不可能となる。
先ず、顎から首の周り、肩にかけての全体が骨に達するほどの傷で覆われることになり、腐敗が進んでいくと壊死を起す。
肉が脱落したあとは、今度は剥き出しになった骨、とりわけ脊椎が腐ってい行く。
このあとは、首がもげるのを待つだけである。

処刑人としては首に「棘つき首枷」をはめて放っておきさえすれば、あとは、死刑囚の首が腐って死ぬのを待つだけである。
簡単に作成でき、金もかからず、単純な器具なので故障することもなく、手入もほとんど必要ない。
拷問として使用する場合も、ただ歩かせるだけ、からだを揺さぶるだけでもかなりの苦痛を与えられるし、鎖でつないで放置したり、重しをつけることも可能、と、使いみちは広い。

トップ・ページへ

選択画面へ

戻る

次へ

棘付き首枷

有刺鉄線を使えば、簡単に作成できそうなので、皆さんもぜひ試してみてくださ〜い。<うそうそ(^_^;)
南アフリカ、イスラエルあたりでは、今でも使われているかも?<噂なので、確めたりしないように!